航空にも重大トラブル相次ぐ

先の尼崎の事故の前に、飛行機が空港の管制を無視したというニュースがあったのですが、またこんな事故が起きてしまいました。(asahi.comより)

羽田で管制ミス、閉鎖滑走路着陸 担当者全員が「失念」
2005年04月30日12時23分

 羽田空港で29日夜、2機に対し、管制官が過って工事で閉鎖中のA滑走路への着陸を許可した。1機はそのまま着陸し、もう1機は着陸寸前に別の管制官が気づき、着陸やり直しを指示した。当時、管制塔などで業務にあたっていた管制官18人全員が滑走路閉鎖を忘れており、責任者も当日の確認を怠っていたという。国土交通省航空・鉄道事故調査委員会は事故につながるおそれのある「重大インシデント」に当たるとして30日、調査官3人を派遣して原因調査を始めた。

 国交省は、航空機や鉄道の相次ぐトラブルを受け、各社に緊急の安全総点検を指示している。北側国交相はそのさなかに起きた省内のミスを問題視し、急きょ5月2日に、羽田空港の管制機関を査察することを決めた。また国交省は18人を業務から外し、詳しく事情を聴くとともに、再発防止のために再教育をする。同省東京空港事務所は日航に対し、事実関係を伝え、謝罪した。

 同省の説明によると、A滑走路では29日午後11時ごろから滑走路灯の工事を予定しており、同9時半に閉鎖された。ところが、帯広発の日航機(乗客・乗員計51人)に管制官が着陸許可を出し、同機は同39分にA滑走路に着陸した。さらに41分ごろ、新千歳発の日航機(同161人)も着陸許可を得て高度300メートルまで降下した。しかし、午後10時から業務につく別の管制官が閉鎖に気づいて同機に着陸やり直しを指示し、C滑走路に着陸した。

 当時、滑走路では工事の準備作業などは始まっておらず、2便の乗客らにけがはなかったという。

 閉鎖中の滑走路への着陸は事故につながる恐れがあり、工事による閉鎖は管制官全員に対し、1カ月以上前に通知されていた。29日にも、責任者に当たる次席管制官が再度、滑走路閉鎖を周知するはずだったが、忘れていたという。

 30日午前、記者会見した古川義則・管制課長と古川一義・東京空港事務所次長は「重大なトラブルであり、心からおわびしたい」と陳謝した。



交通機関の労務問題は、JRについては以前からいろいろ言われていますが、そのほかの交通機関(トラックなどの物流も含む)も結構今回のJR西日本に近い厳しい労務管理が行われています。

確かに安全が絶対前提ですので、安全について厳しく問われるというのはわかるのですが、実際には安全性は二の次のようです。
(YAHOO!知恵袋より)


質問した人: ID非公開 回答件数:6 投稿日時 : 2005/ 4/27 19:34:04
福知山線の事故ですがもし運転士の方いらっしゃったら個人的見解でいいのでコメントお願いします。
私はバス運転士ですが人事じゃないです。
会社は無理言って過密ダイヤを設定して事が起きれば厳罰に処されるし・・・



ベストアンサーに選ばれた回答
回答した人: ID非公開 投稿日時 : 2005/ 4/26 10:57:45 回答番号 : 15188676
いくら無理なダイヤだとと指摘しても一運転士の意見など取り上げてくれるはずもなく、
決まった仕事を黙々とこなすことしかできないのが現状です。
組合も助けてくれる立場になく会社と同じような事しか言ってきませんから・・・。
ここで言うのは不謹慎かもしれませんが、今回のことで世論が鉄道会社の
安全を無視した経営をしていることに非難が集まってくれればと思います。
事故を起こした運転士個人の責任追及だけに終わって欲しくないと思います。



私は過密ダイヤについては、否定的な考えではないのですが、何か人員を増やすなり余裕を持った運行でないと、乗る側としては安心できません。

私事ですが、GWは鉄道旅行をし、帰りは飛行機で帰名しますのですが、なんだか安心だと分かり切っている交通機関の利用が不安に思えてくるのです。
[PR]
by koh-sen | 2005-04-30 15:28 | 鉄道の安全性について
<< 尼崎事故と余裕について 日勤教育 >>