カテゴリ:ニュース( 20 )

阪神 新型1000系を発表

阪神が、新型の1000系を増備すると発表しました。

平成18年度から新型車両1000系を導入します(阪神)

イラストから見ると阪神の在来車と同じ片側3扉で、車両長は解りませんがおそらくこれも阪神の在来車と同じ18m級であると思われます。
つまりこのまま、20m級が標準の近鉄線に乗り入れるものだと思われます。

阪急との経営統合が話題となりましたが、ステンレス車体の本格採用など、むしろ阪急色をとらないようで、タイガースカラーの電車が「やっと」阪神線・近鉄線を走る模様です。
[PR]
by koh-sen | 2006-07-11 21:03 | ニュース

北勢線 上笠田駅廃止

西桑名駅の掲示物によれば、北勢線の上笠田駅が、3月31日をもって廃止されます。

上笠田駅と言えば、名物の眼鏡橋の最寄り駅として有名でした。

c0062207_21154925.jpg


また、知る人ぞ知ることとして、誰が世話をしているのかわからないのですが、猫が駅近辺に住み着いていて愛嬌を振りまいていました。

c0062207_21195111.jpg


北勢線は、近鉄から三岐鉄道が運営を引き継いで以来、積極的な設備改善の一方、北大社などの駅を廃止してきました。
今回の上笠田も、確かに利用客が極端に少ない駅でしたが、今回の廃止は残念であり、またこの駅に住み着いた猫たちの今後はどうなるのだろうと、心配しています。
[PR]
by koh-sen | 2006-01-22 21:24 | ニュース

ブルトレ「出雲」 急行「かすが」 廃止

JR東海が、来年3月18日に実施するダイヤ改正の概要が発表され、のぞみや都市間の列車が増発される一方、ブルートレイン「出雲」、急行「かすが」の両列車が廃止されます。

平成18年3月ダイヤ改正について(JR東海)

「出雲」については、東京-鳥取間の到着時間がよいものの、利用率が非常に悪いことが指摘され、廃止について取りざたされていました。
高い寝台料金を払うのであれば、前日に現地に到着し、ビジネスホテルに泊まると言うことが一般的になってきたと言うことでしょうか。
(私も、寝台車は好きなのですが、寝られないと言うところが苦手となっています)

「かずが」は実際に乗ったことがあるのですが、亀山から奈良は空気輸送であり、廃止もやむを得なかったかもしれません。
c0062207_2340786.jpg


寝台車にせよ、急行列車にせよ、国鉄時代からの不採算性が指摘されたものであり、ここまで良く持ったものだと、ねぎらいをかけてやりたいという心境となっています。
[PR]
by koh-sen | 2005-12-22 23:41 | ニュース

209系 窓開閉改造へ

京浜東北線などに投入されている209系の窓を開閉できるように改造するようです。

通勤電車の窓、開くようにします JR東日本が改造へ(朝日新聞)

c0062207_23315049.jpg


窓が固定で開閉できなかった209系の窓を、2年かけて開閉できるように改造するそうです。
・・・と、いうことは209系をこれから2年以上使うと言うことですね。

1992年に試作車が登場して以来13年経っていますが、寿命半分の割には長く使うようです。
[PR]
by koh-sen | 2005-12-21 23:35 | ニュース

名鉄 びっくりクーポン・パノラマパックを廃止

名鉄が、割引クーポンのびっくりクーポン、パノラマパックを相次いで廃止します。

(以下名鉄サイトより)
びっくりクーポン
名鉄パノラマパック 南知多・伊良湖地区
名鉄パノラマパック 三河・三河湾地区
名鉄パノラマパック 名古屋・名古屋近郊地区
名鉄パノラマパック 岐阜・中央アルプス地区

明治村やモンキーパークを大幅に割り引き入場できた、びっくりクーポンや、利用率が高いはずのナゴヤドームきっぷなど、盛んに宣伝していたものまで、廃止の対象となりちょっと驚いています。
これが、名鉄系の割引きっぷの再編なのか、それとも本当に廃止になるのかはわかりませんが、思い切って整理したことは間違いないでしょう。
[PR]
by koh-sen | 2005-12-02 07:30 | ニュース

名鉄三河山線 複線化

名鉄三河山線が、現在の単線から複線になります。

名鉄三河線 知立―豊田の複線化検討 名古屋まで大幅短縮(中日新聞)

記事に書いてあるとおり、トヨタ自動車関係の乗客が増えているのですが、トヨタと言えば豊田市内の渋滞解消のため、公共交通利用促進策をとっており、名鉄豊田市駅からトヨタ本社までの通勤用シャトルバス(名鉄バスの路線とは別)を既に運行しており、また愛知環状鉄道もトヨタ自動車関係の通勤輸送のため、新豊田-三河豊田(トヨタ自動車本社前)間の増発をするために現在の単線を複線化する計画が既に発表されています。

三河線は、末端区間の廃止など暗い話題が続きましたが、久々にあかるい話題となったわけです。

現在最大4両編成、昼間は2両編成で15分間隔となっている三河山線ですが、これからは名古屋本線からの直通急行が運行されそうですね。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-18 19:04 | ニュース

JR西日本 キハ141導入?

今日発売の「鉄道ダイヤ情報」の甲種鉄道車両輸送計画表に、新潟トランシス発、糸魚川行きのキハ141の輸送が書いてありました。

キハ141と言えば、JR北海道にある50系客車にエンジンを付けた車両で、JR西日本にも同様の車両はあるのですが、こちらはキハ33。

すると北海道とは違う、新形式車の登場と言うことになるのですが、未だにJR西日本から正式ニュースリリースが出されていません。

また、行き先の糸魚川というのも気になるところで、現在糸魚川を起点とする大糸線に旧式のキハ52が運行されています。
・・・と言うか、実は、今日乗ってきたばかりなのでこれははっきりしているのですが、これを置き換えるのか。
一説には糸魚川に着いたあと、別途JR西日本館内の別の場所へ回送するとの情報もあるのですが、、、、

とにかく、謎の多い車両です。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-15 22:51 | ニュース

JR東日本 ハイブリッド ディーゼルカー導入

JR東日本が、以前から試作車で試験をしていた、ハイブリッドディーゼルカーの導入効果にめどがつき、先行試作車を投入することとなりました。

営業車として世界初のハイブリッド鉄道車両の導入 ― キハE200形式 ― (JR東日本 PDFファイル)

ディーゼルエンジンで発電機を回して、その電力でモータを回して動力にするという発想は、実は目新しいことではありません。
むしろ初期(50年ぐらい前)のディ-ゼル機関車は、電気式と呼ばれるこのような方式を採用していました。
ところが当時の技術レベルでは、小型化が困難で、本格的な普及にはトルコンを使った液体式が採用された。
・・・そんな経緯があります。

ところが最近のパワーエレクトロニクスの発達で、誘導電動機をVVVF制御で動かすことができ、一気に電気式の方が優勢となりました。
DF200と言うディーゼル機関車がこの形ですね。

そこで、それをもう一歩進めて、加速・減速にに蓄電池を使うようになったのが、今回の車両です。

そういうことで、なぜ今回の形式がハイブリッド型で世界初になるのか。
実はよく理解できなかったりします。

あと、もう一つ注目点は、エンジンが「コモンレール式」を使っていることです。
これは、ヨーロッパの乗用車の最近の型がこれで、ガソリンエンジンよりも環境に優しく、騒音・振動もガソリンエンジンとほど同等なので、一気に普及しているようです。

鉄道車両では、おそらく初めての採用になると思います。
(鉄道車両は耐用年数が長いので、どうしても先端技術に慎重になってしまう)

ともかく、乗用車の世界よりは保守的ですが、それでも野心的な車には違いがないですし、燃料電池が普及すれば、すぐそれに対応できるという利点があります。
今後の経過に期待しましょう。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-09 17:50 | ニュース

JR四国 新型一般気動車導入

かねてから噂のあったJR四国の一般型気動車1500系が発表されました。

新型ワンマン気動車の導入について(JR四国)

現行の1000形と比べて、
・トイレが標準設置になったこと。
・シートが全席転換クロスとなったこと。(1000形は対向クロスとロングの併用型)
・片側3扉だが、中央扉も片開きになったこと。(1000形は両開き)
・塗色が緑ベースになったこと。
などの差異があげられます。

JR四国と言えば、設計費を浮かせるため、5000形や6000形は他のJRの設計を引きずる傾向があるのですが、今回は(第3セクター形と比べても)結構独自仕様が多いと言う特徴があります。

また、今回も20m級の車体を採用しています。
思えば、キハ32のような小型車を国鉄分割民営化の時に導入したのですが、これでは四国では使いづらいと言うことでしょうか。
このあたりキハ120を大量導入したJR西日本と違うところです。

また、JR四国の特徴であった、3扉のうち中央扉が両開き、あるいは対向形クロスシートとロングシートの組み合わせという設計を今回は引き継がなかったことから、ラッシュらしいラッシュは四国からなくなったとも思えます。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-02 13:42 | ニュース

バス運転手の賃金

兵庫県尼崎の市バス運転手が、低賃金を理由にストを起こしています。

「次男の初任給より賃金安い」尼崎市のバス運転手がスト(asahi.com)

バスの経費は、人件費が大きな比重を占め、それを低減することが経営上の課題となっています。

今回ストを起こした「尼崎交通事業振興」は、年収330万円だそうで、ストを起こすのも仕方のないことかとも思ったりします。

隣の大阪市の年収826万円と言うのも多すぎるような気がするのですが、深夜・早朝勤務があることを考えると、下げ過ぎも問題でしょう。

難しい問題です。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-01 17:01 | ニュース