カテゴリ:交通問題( 9 )

名鉄5駅を廃止

名鉄が乗降客の少ない5駅を廃止します。

5駅(鎌谷・三河荻原・椋岡・布土・弥富口)の廃止を中部運輸局に申請(名古屋鉄道)

これらは名鉄の中でも乗降客が少ない駅ですが、必ずしもワースト5を廃止するわけではないという事が注目されます。

平成13年の愛知県の私鉄の乗降人員の資料があるのですが、名鉄の場合少ない順に行くと次のようになります。


|  路線  |   駅    | 総数 |
| 常滑線  | 多屋    | 14824 |
| 尾西線  | 弥富口   | 17750 |廃止予定
| 西尾線  | 鎌谷    | 33856 |廃止予定
| 西尾線  | 西尾口   | 35557 |
| 河和線  | 椋岡    | 39296 |廃止予定
| 西尾線  | 碧海堀内  | 41663 |
| 蒲郡線  | こどもの国 | 42286 |
| 西尾線  | 三河荻原  | 43362 |廃止予定
| 河和線  | 布土    | 44420 |廃止予定
| 尾西線  | 西一宮   | 48517 |
| 知多新線 | 美浜緑苑  | 61252 |


このデータからワースト1の多屋駅が廃止どころか、高架化され(おそらく)エレベータ付きの駅になったこと。
布土駅より乗降人員の少ない西尾口・碧海堀内・こどもの国が廃止対象になっていないことが挙げられます。

多屋駅の場合は、中部国際空港関連で伸びる可能性があるだろうと予想されますが、碧海堀内・西尾口・こどもの国の恣意的とも言える廃止撤回はどうだろうか疑問な点があります。

今回の駅廃止は、SFカード導入に伴う、駅集中監視システムの導入により、そのコストがペイできない駅を廃止すると言うことですが、小さい駅なら小さい駅なりの駅集中監視システムを構築できれば、今回のような小駅の廃止に至らなかっただろうと思われ、その点が残念でなりません。
[PR]
by koh-sen | 2006-07-06 23:50 | 交通問題

名鉄の値下げ

名鉄は26日、現在加算運賃を徴収している名鉄瀬戸線の東大手-栄町間の加算運賃の廃止、および豊田線の加算運賃の値下げを行うと発表しました。

瀬戸線・豊田線における運賃改定手続きを行いました (名古屋鉄道 WEB site)

名鉄では、東京大阪圏と比べ高い運賃が原因で、車へ利用者が移行してしまうという指摘が前からありました。
今回の値下げは、加算料金の廃止・および低減なのですが、これによりどれだけ利用者が電車に戻ってくるのか見物です。
また、今回の値下げが成功すれば、既設の路線にも波及するかもしれません。
[PR]
by koh-sen | 2006-05-26 21:55 | 交通問題

名古屋市交通局の経営改善計画発表

名古屋市交通局の経営改善計画が発表されました。

市営交通事業経営改革計画(案)骨子(名古屋市交通局 PDFファイル)

名古屋市の場合、東京・大阪地区と比べ、車や自転車を使用する割合が多く、現在の公共交通と自家用車の割合を3:7から4:6に引き上げたいとの計画がなされました。
しかしながら、いっこうに計画通りに行かず、交通局の経営も悪くなり名古屋市の財政も悪い中、どうやりくりするかという計画が発表されました。

名古屋の場合、地下鉄も昼間は一部区間をのぞき10分間隔であり、東京・大阪地区の大半の路線と比べ本数が少なく、市バスも1時間に1本という路線が多数あり、利便性の悪さが利用者離れを引き起こしている面があります。
しかし、単純に本数を増やせば、その分の人件費がかかり経営面に大きな負担がかかるというジレンマを持ち、それをどう解決するかといった手腕が問われるところです。

この計画を要約すれば、
(1) 民営事業者と遜色のないコスト体質とする取り組みとして給与制度の見直しで、給与を引き下げる。また民間に委託できるところは民間に委託する。
(2) お客様の満足度を高めるサービス向上への取り組みとして、職員一人一人がお客様第一主義を掲げ、割引きっぷ・ICカードの導入などを強化する。またバリアフリーを進め、地下鉄駅のエレベータ設置や、ノンステップバスの大幅導入を行う。
(3) 積極的な利用促進・附帯事業の拡大の取り組みとして、広告収入の増加に努める。
・・・と言ったところでしょうか。
(1)に関しては、人件費が高く付きやむを得ない部分があるが、やりすぎると士気の低下につながる危険性があり、(2)については、サービスの基本は本数の増加と言うことで考えないと、なかなか利用者増につながらないのではないのか。
一番堅実なのは(3)だが、現在も地下鉄駅で広告枠の空きが目立っている現状で広告主が現れるかといった問題があります。

利便性の問題と、経営の問題は、矛盾する問題ではありますが、これを解決するには、やはり市民全体の市バス・地下鉄を守ろうという気持ちに関わってくるのではないかと思います。
地下鉄・市バスの利用者が増えれば、運賃も下げるし、本数も増やす。
こういった取り組みがなされれば、状況は改善されると思っているのですが、私は甘いのでしょうか・・・・
[PR]
by koh-sen | 2006-02-19 20:34 | 交通問題

高架化が必要なのはわかるけど・・・

今日(3月22日)の朝日新聞の社説で、東武の手動踏切の事故のことが載っていたのですが、確かに言いたいことはわかるんだけど、高架化はお金を積めばすぐ完成できるってものじゃないんです。

高架化には工事に必要なだけの用地が必要で、当然その部分にかかる住民は立ち退きしなければならない訳なんです。
私の最寄り駅の名鉄有松も大規模な再開発が行われたにもかかわらず、住民との調整が付かないのか、ついに高架化がなされなかったわけです。

また、以前に問題になった武蔵小金井の踏切も、高架化の工事中なのですが10年ぐらいかかるようです。

そんなわけで、いくら東武がもうけていようが、高架化はそんなにうまくいかないわけで、、、

大新聞らしからぬ、粗雑な社説ですね。

せめて、「付近住民は鉄道高架化に協力すべきである」とでも書けば良かったのにね。
[PR]
by koh-sen | 2005-03-23 00:32 | 交通問題

万博内覧会でのリニモ滞留問題

リニモが、万博開催前の内覧会の段階で滞留問題を起こしたようです。

以前から藤が丘側では指摘されていましたが、万博八草側でも問題が起きたようで、公共交通が充実していく中、少しでも普段は使わない人たちに気持ちよく乗ってもらって、須之内少しでもいいから「今度から普段の交通手段も公共交通で」と思ってもらうようにして欲しいです。
[PR]
by koh-sen | 2005-03-19 23:22 | 交通問題

公共交通は弱者のものだけのものか

良く、公共交通整備の話をすると、交通弱者対策だと言われます。
確かにその通りですが、それだけでは先細りするのでは、、、

交通弱者の対策も大切ですが、交通強者を公共交通に誘導する施策をしなければならないと思います。

私は、自分の車こそ持っていませんが、いざとなれば車を買って車通勤できます。
それをしないのは、渋滞対策もあるのですが、電車の中で本や新聞を読むためです。
車通勤ではこれができませんからね。

車通勤と同じ所用時間なら運転に専念する時間はもったいないと思っていますから。

東京だと無理かもしれませんが、名古屋だと帰りの時間に座りながら読者ができる。
これをロードサイドの広告看板に出せば、結構車通勤の人が公共交通に誘導できると思いますが、どうなんでしょう。
[PR]
by koh-sen | 2005-03-15 00:37 | 交通問題

リニモに乗ってきました

今日、リニモに乗ってきました。
まあ、静かなんですけど、1キロぐらいで駅に到着。加速度もあまり感じないので、ちょっと計算してみたところ、表定速度では地下鉄東山線より低いです。
徐行区間をのぞいた杁ヶ池公園-万博八草間でやっと東山線と変わらないレベルに達します。
似たような、東京のゆりかもめよりは速いのですが、東京モノレールよりは遅いです。

新交通で最高速度100キロ出すというふれこみですが、スピード面でまだ改善の余地はありそうです。
(下の表は、ちょっと見づらいのでクリックしてみてください)
c0062207_23448.jpg
[PR]
by koh-sen | 2005-03-06 23:05 | 交通問題

大胆な白色の採用 名鉄特急は大丈夫か

名鉄が空港特急用に新型特急車を採用したのですが、これが2000系(ミュースカイ)や2200系ともに、白を基調とした色を採用しています。

それはいいのですが、いつまで白の美しさを保てるのか。
それを考え出すと心配になってきます。

現在のパノラマスーパーでも最近は、色がくすんでしまったものを多く見てしまうのですが、こうならないか心配です。
[PR]
by koh-sen | 2005-02-20 10:09 | 交通問題

テーマパークとしての中部国際空港は大丈夫か

2月17日に中部国際空港がオープンし、昨日の土曜日はかなりの人が見学にやってきました。
それはいいのですが、飛行機に乗らず空港設備を利用するだけの人も当て込んでいるのなら、定期的なリニューアルが必要です。

今はまだ新しいからいいようなものの、これが5年ぐらい経って飽きられたらどうするのかを考えて欲しいですね。

セントレアに行けば常に新しいものがある。
常にそうあって欲しい新空港です。
[PR]
by koh-sen | 2005-02-20 10:05 | 交通問題