話題尽きぬ貴志川線

産経新聞によると、和歌山電鐵に新車両「おもちゃ電車」が登場するそうです。

和歌山電鉄の新車両「おもちゃ電車」 7月デビュー (産経新聞)


 和歌山電鉄は6日、和歌山市と隣の紀の川市を結ぶ貴志川線で7月22日にデビューする新車両「おもちゃ電車」のデザインを発表した。

 車内で限定販売するおもちゃの自販機コーナーが特徴。小嶋光信社長は「子どもたちに思い出をつくってもらい、次の世代へつながる電車になってほしい」と語った。

 デザインは、同電鉄が傘下に入る両備グループ(岡山市)のデザイン顧問水戸岡鋭治氏が担当。真っ赤な車両の側面に「OMODEN」のロゴが入る。車内の壁のショーケースにフィギュアを置き、安全のため幼児を乗せるかごも作った。

 約2000万円の改造費用を、インターネットでおもちゃ販売を手掛ける「TJホールディングカンパニー」(和歌山県海南市)が広告費で負担。車内で販売するおもちゃも製作する。

(2007/05/06 16:33)


車内のイラストによると、いわゆる「がちゃがちゃ」と呼ばれる、小型の玩具自動発売機が設置しており、その中身は「たま駅長」などのグッズのようです。

前回の「いちご電車」といい、あっと言わせる積極的な営業施策を見せる和歌山電鐵。

これがついこないだまで、廃線の危機にあった路線とはとても思えません。

p.s.
長いこと更新が滞って申し訳ありません。
鹿島鉄道廃止の件も含み、路線の存続にはどういう問題があるか。
これを整理していきたいと思っています。
[PR]
by koh-sen | 2007-05-06 20:26 | 交通(貴志川線問題)
<< 車を買わない若者 貴志川線貴志駅に猫の駅長就任 >>