新生貴志川線のコンセプトは「いちご電車」

もうすぐ和歌山電鐵として再出発する貴志川線ですが、車両のリニューアルのテーマが沿線の特産物である「いちご」であると発表されました。

貴志川線の未来を"つくる"会
「いちご電車」よろしく/貴志川線 (asahi.com)

詳しい内容は、今現在の”つくる”会のサイトに詳しいのですが、JR九州の特急電車みたいな感じのリニューアルとなります。
また、デザイナーの水戸岡氏が関わる鉄道会社で、在籍全車両がリニューアルの対象となるのも、この和歌山電鐵が最初になるでしょう。

また水戸岡氏らしいところは、コンセプトをはっきり決めたと言うところで「いちご」と言うコンセプトは私も思いつかないものでした。

新生和歌山電鐵の末永い繁栄を祈ってやみません。
[PR]
by koh-sen | 2006-03-27 22:25 | 交通(貴志川線問題)
<< 名鉄バス 上小田井-藤島団地行... 樽見鉄道 超大型SC最寄り駅「... >>