貴志川線の新キャッチフレーズ決まる

4月より和歌山電鐵として再出発する貴志川線のキャッチフレーズが、
「もっと!ずっと!貴志川線」
と決まりました。

新キャッチフレーズについて(貴志川線の未来を”つくる”会)

実はこのキャッチフレーズを考えた「名古屋市の荒川さん」とは、実は私のことであります。

貴志川線の再出発に当たり、一過性の存続運動でよいか、それに大きな疑問を考えていました。
特に、最近相次ぐローカル線の廃止は「乗って残そう」と言った後ろ向きな発想が、失敗したことを示しています。

新生となる貴志川線には、「もっと!」たくさんの人たちに乗ってもらって、「ずっと!」存続して欲しい。そう言う気持ちで考えました。

”つくる”会の皆様、選定ありがとうございました。
頻繁に貴志川線をたずねることは出来ませんが、これを縁に貴志川線の今後を見守るため、出来るだけ当地を訪れることとし、”つくる”会にも加入いたします。
よろしくお願いいたします。
[PR]
by koh-sen | 2006-03-15 22:59 | 交通(貴志川線問題)
<< 樽見鉄道 超大型SC最寄り駅「... 高千穂鉄道の再生 >>