「三木鉄道廃止」の市長 同社社長に就任

兵庫県の第3セクター三木鉄道の社長に、「三木鉄道廃止」を公約として掲げ、当選した薮本市長が就任しました。

薮本市長、三木鉄道社長に就任 外郭団体改革も加速? (神戸新聞)

三木鉄道は、同じ市内を走る神戸電鉄と比べ、神戸とは逆の加古川に向かい、しかも厄神駅で必ず乗り換えが必要など、利便性の悪い鉄道でした。

従って今回の就任では、廃止に向けた方向で話が進んでいくと思います。

思えば、元の国鉄三木線が廃線になろうとしたとき、当時は経営が良かった三陸鉄道を例に第3セクターを立ち上げて、経営改善を図ったのですが、住民の神戸指向にかなわず、今回の事態となったわけです。

時代の流れと、第3セクターという経営形態にかけ失敗してしまったという、ことになっていくのでしょう。
[PR]
by koh-sen | 2006-02-02 15:25 | ローカル交通問題
<< 名古屋市交通局の経営改善計画発表 貴志川線の現地調査へ行ってきま... >>