高千穂鉄道 復活への動き

台風14号の被害で運休が続いている高千穂鉄道なのですが、存続に向けて色々動きが出ています。

台風被害の高千穂鉄道、部分的運行再開を検討 (日経 10/28)

台風被害の高千穂鉄道、全線復旧には26億円必要 (日経 11/11)

高千穂鉄道、全線復旧には10年で40億円必要…宮崎 (読売 11/18)

高千穂鉄道 再出発へ難題山積み(朝日 11/18)

高千穂鉄道社長、全面復旧は困難との見方(日経 11/18)

このことより、とりあえず部分復旧する方向になりそうです。

台風襲来以前にも、経営再建策が検討されていたことから、地元の利用者が少なく見放されているような印象を持っていましたが、今日の記事でこんなものを見つけました。

高千穂鉄道の再出発望む動き次々(朝日 11/25)

漫画家の赤星たみこさんのイラストの菓子を発売するそうです。
収益的にはわずかとなりますし、イラストの赤星さん夫妻の他に高校生らしい人物のイラストしか描かれていないと言うことは気になりますが、残存区間を観光路線として復旧し、地元や地域に愛される鉄道として、再出発して欲しいものです。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-25 21:00 | ローカル交通問題
<< 富山市内線 環状化 名鉄三河山線 複線化 >>