ことでんの挑戦

高松琴平電鉄こと「ことでん」の鉄道本部長のインタビューが載っています。

[香川経済こっからイキまい!] 川上純一さん ことでん鉄道事業本部長 (asahi.com)

鉄道事業が苦しく、そのためデパートなど多角経営に乗り出したものの失敗し、確か会社更生法の適用を受けた琴電ですが、再建後は鉄道事業一本に絞り、ICカード(IruCa=イルカ)を用いて鉄道利用者の増加と、高松中心部の活性化を図るというシナリオを実行に移しています。

日本ではJR東日本がそれに近いことをやっているのですが、高松中心部が既に普及しているEdy・おさいふケータイなどとあわせて、イルカを使ってもらえるか。
その部分に計画の浮沈がかかっていると思います。

はたしてうまくいくか、見守っていきたいと思います。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-15 23:04 | ローカル交通問題
<< このブログに愛称"F... JR西日本 キハ141導入? >>