バス運転手の賃金

兵庫県尼崎の市バス運転手が、低賃金を理由にストを起こしています。

「次男の初任給より賃金安い」尼崎市のバス運転手がスト(asahi.com)

バスの経費は、人件費が大きな比重を占め、それを低減することが経営上の課題となっています。

今回ストを起こした「尼崎交通事業振興」は、年収330万円だそうで、ストを起こすのも仕方のないことかとも思ったりします。

隣の大阪市の年収826万円と言うのも多すぎるような気がするのですが、深夜・早朝勤務があることを考えると、下げ過ぎも問題でしょう。

難しい問題です。
[PR]
by koh-sen | 2005-11-01 17:01 | ニュース
<< JR四国 新型一般気動車導入 宅配便が過疎地の交通手段 >>