愛知万博 乗り物乗車記

愛知万博に閉幕直前の9月20日に行ってきました。

普通の人は、トヨタ館とか、日立館とか、ドイツ館とか、冷凍マンモスが目的のようでしたが、私の最大の目的は、IMTSでした。
IMTSとは、路面の埋められた磁力センサーのガイドより、無人で隊列運転などができるバスで、物理的な連結器を使わないソフト連結も注目点です。
IMTS

c0062207_20241450.jpg


また、無人運転を前提とした専用道から、一般道へ乗り入れることができます。
このときは、有人運転となります。

まず、北ゲート駅からEXPOドームまで乗車。この区間は全線専用道です。
北ゲート駅の乗車口は、誤って路面に飛び出さないようにゲートが設けられています。
無人運転ならではの設備ですね。
c0062207_20252440.jpg

(写真は、EXPOドーム駅のもの)

c0062207_2026483.jpg

(このスプリンクラーは何だろう。センサー精度を上げるための対策か?)

運転席は、無人でモリゾーのぬいぐるみが運転席に鎮座しています。
c0062207_20265789.jpg


今回の専用道は、鉄道で言えば単線であり、幅員も余裕がなくそのほかの車両の走行は考えてないようです。

途中の西ゲート駅で、対向のバスと待ち合わせます。
保安方式はなく、無線で通行の確認を取っているようでした。

さて、EXPOゲート駅に着いたら、今度は一般道を想定した、メッセ前停留所へ行きます。
このバスには、一般道区間で運転する運転手が添乗していますが、西ゲート駅までの専用道区間は、無人運転区間のためモリゾーが運転します。

バスが西ゲート駅に到着したら、いよいよ一般道区間です。
運転手が、モリゾーのぬいぐるみを抱いて、「モリゾーの運転はこれでおしまいですよ」と子供たちに言って、運転の交代をします。
この時の操作は、自動化されておらず、手動で操作しています。 また、一般道への走行許可も無線で許可を取るという原始的なやり方で、個人的には残念でした。

そうこうするうちに、バスが途中でバックしてメッセ前停留所に到着しました。ここは有人を前提としているため普通の屋根付きのバス停留所といった感じでした。
c0062207_20272515.jpg


そして、メッセ前停留所から北ゲート駅まで、今度は専用道への流入しますが、今回の最大の見せ場にかかわらず、無線でのやりとりで流入許可を取るやり方なので、ちょっと納得がいかないという感じがしました。
c0062207_20282544.jpg

(写真は、「乗務員」交代を告げる係員)

でも、会期中、事故がなく何とか無事に終えることができたので何よりです。


今度は、瀬戸会場から長久手会場間の燃料電池バスです。
c0062207_20293118.jpg


外見や車内は、ほぼ普通のバスなので、特に言うことはないのですが、エンジン音がディーゼルに比べ静かで、他の乗客からの「まるで電車のようだ」という感想が印象的でした。


あと、乗り物ではないのですが、JR東海館にも行ってきました。
c0062207_2030416.jpg


ただ、残念なのが、内容がマグレブの宣伝に終始していたことで、環境負荷がどうとかと言ったことを一言もなかったことが残念でした。
その内容も、全部実写ならまだ良かったのですが、途中CGが入り興ざめしてしまいました。

こうして万博に行ってきたのですが、全体的に車系が環境対策にまじめに取り組んでいる印象があり、「鉄道は環境に優位である」という定説が覆ってしまうのではないかと思ってしまいました。

おまけ
環境博なら、食べ物の容器の使い捨てをするのはどうかと思うのですが、、、
c0062207_20304012.jpg


9/30追記
そう言えば、IMTSの運行って、発車時間を決めて運行すると行った、きわめて従来型鉄道の運行方式をとっていましたね。
こういう、新しい乗り物だったら、満員になったらその時点で発車する方式を採用すると思っていたのですが、、、
そんなことを満員になっても発車しないバスの中で考えていました。

トヨタ主導だけに、新発想の運行方式を期待していたのですが、その点残念でした。
[PR]
by koh-sen | 2005-09-28 20:31 | その他
<< 中央快速線 新車導入 豊明市 コミュニティバスに乗りました >>