愛知環状鉄道 万博閉幕後のダイヤ発表

愛知環状鉄道が万博閉幕後のダイヤを発表いたしました。

平成17年10月1日(土)ダイヤ改正を実施

目玉は、現在「エキスポシャトル」としてJR中央線との直通運転をしていますが、それを形を変えて行うことです。

<朝>
愛環線瀬戸口から名古屋までの直通列車を運転。

<夕>
名古屋から愛環線瀬戸口までの直通列車を運転。

<昼>
愛環線岡崎から三河豊田・高蔵寺を経由して名古屋までの直通列車を運転。(逆方向あり)

と言った内容で、名鉄の瀬戸線および豊田線の強力なライバルとして浮上することとなりました。

おそらく愛環がJR313系そっくりの2000系を導入したのも、この直通運転を考慮してのものだと思われます。

愛環と言えば、かつての国鉄岡多線であり、国鉄として経営が成り立たなくなたので第3セクター化したという経緯があります。

他の第3セクター鉄道に比べ経営環境が恵まれているとはいえ、ここまで名鉄を脅かす存在になったのは、国鉄に比べ車内の風通しが良くなったせいかもしれません。
[PR]
by koh-sen | 2005-08-14 14:43 | ニュース
<< 旧名鉄谷汲線 代替バスの廃止 名鉄7500系 まもなく引退 >>