そもそもローカル輸送とは、、、

うちは、父が通勤しており、そして私や妹たちも、高校進学以降通学そして通勤に鉄道を使っていましたので、他の地方もそんな感じだと思っていました。

よくよく考えたらローカル線に関しては、こういう現象は起きないのではないのか。
つまり、農業、林業、漁業に従事している人たちには、通勤というものが発生しないと言うことに気づきました。

従って、元々ローカル線に乗っても、通学者は多いものの、通勤者は少ない。しかもその少ない通勤者が1日に数本しかでないローカル線を見限り、車通勤する。

そんなパターンではないかと思います。

5月以降、秋田のローカル線とか、岐阜の神岡鉄道とか乗ってきたのですが、まとまって乗るのが高校生で彼らが卒業したら、街の大学や会社に行くか、地元の残って第1次産業に従事する。
そんな構造だから、経営は、おそらくモータリゼーション以前から厳しいのではなかったかと思います。

ある意味、高校生のために生きている。
ローカル鉄道は、そんな宿命を背負っているわけですね。
[PR]
by koh-sen | 2005-06-26 00:23 | ローカル交通問題
<< 飲酒と睡眠 新岐阜百貨店閉店 >>