航空業界の過当競争

今日、沖縄に行って参りました。
もちろん飛行機でですけど、飛行機というのはかなり割り引きが効くのはご存じですね。

名古屋(中部)-那覇の場合、通常は33300円かかるのですが、超割を使うと13300円で行ける。
ここまで行かなくても、今回私が使ったものでは、2万ちょっとで行けた。

だったら、航空運賃の原価っていったいどうなっているのだろうか。

この前から続く、航空機のトラブルの背景には安全に対する投資が、過当競争のため削られているという。

乗る側にとっては1円でも安いのがいいのだが、この前のJR西日本の事故のように、「安全は当然航空会社が何とかしてくれるよね」という期待というか、思いこみがあるのではないのか。

だったら、競争原理を煽ってきたツケが来るのではないのか。

そう思いながら、飛行機に乗っていたのでした。
[PR]
by koh-sen | 2005-06-19 00:14 | その他
<< 新岐阜百貨店閉店 駅弁はごちそう >>