岐阜の路面電車の廃止

今日を以て、岐阜の路面電車が廃止になりました。

同じ日にのと鉄道の大部分と日立電鉄が廃止になるのですが、岐阜の場合利用者が少なくて廃止、という理由のほかに、岐阜市内線区間は安全地帯がなく乗降に危険で、行政も非協力的で、やむなく廃止に至ったと言うことでしょう。

岐阜市自体は、路面電車存続の道を探っていたようですが、行政機関故の小回りのきかなさか、今日の日を迎えてしまったようです。

これから、特に北方地区は、電車時代に1時間4本からバスになって1時間に1本になるわけですから、これが元で過疎化ということも考えられます。

p.s.
毎日新聞磯野さま。
実は私は、こんなブログも運営しています。
で、実はこちらがメインブログです。
私自身も、内容に不満があるブログですが、鉄道オタクの戯れ言とご笑覧してもらえば、望外の幸せでございます。
[PR]
by koh-sen | 2005-04-01 00:06 | 交通(岐阜問題)
<< 岐阜市街の街の構造の変化 コネックス参入に関する壁 >>